東京23区にあるシェアハウスの家賃

近年住宅はさまざまな新しい形のものに生まれ変わっている傾向がありますが、その中でも人気を集めているのがシェアハウスです。このタイプの特徴は、ワンルームマンションのように単独で住むのではなく、複数の人が同じ空間を共有して住むことです。これにより共同生活をすることができるだけでなく、パーティーなどで盛り上がるのが好きな人にとっても大きな魅力といえます。 このような居住形態がはやった理由は、外国の影響も強いでしょう。外国では昔から一つの建物を共有で使っていることが多く、仲間同士で和気あいあいと住むことに魅力を感じる人が多くいます。日本がこのようになったのは、不景気になったからとするのが一般的です。結果的に家賃なども安くなり、非常にリーズナブルなものとなっています。

一般的な賃貸よりも安いのが魅力的

東京23区はほかの地域に比べると家賃が高くて有名ですが、一人暮らしをするとなれば毎月7万円から10万円の家賃を払わなければなりません。このような賃料を払わなければ東京で一人暮らしするのは難しく、それ以下の場合はかなり不便な場所に住まなければならないことになるでしょう。ところがシェアハウスの場合は、もともと一つの空間を共有することが大きな特徴ですので、当然ながら毎月の支払いも安くなります。 居住スペースはワンルームの部屋だけですが、共有スペースがあり広い空間で料理をしたり仲間たちと和気あいあいと過ごすことができるでしょう。通常の賃料に比べると同じような立地の住宅であれば2万円から3万円ぐらいの違いが出ることも珍しくなく、リーズナブルな居住スペースとして人気になっています。

事前に特徴をつかんでおくことが重要になる

東京都内のシェアハウスに人気が集まる事から、流行に乗って一度住んでみたいと思う人が出てくるのもです。もちろんそれが楽しい思い出になればよいですが、家賃が安いからと言ってメリットばかりではないことを知っておくことも大事です。 そこに住むときに必要なことは、ほかの仲間たちと和気あいあいと楽しむことができる気持ちでしょう。もしほかの住人たちと共同で住むのが苦手であれば、わざわざそのような住宅を選んでもストレスとなってしまいます。居住することに向いている人は、仲間を作るのが好きな人やすぐ他の人たちと仲良くなれる人です。 居住する人の習慣が異なるため、統一されたルールを作らなければトラブルが起こりうることも考えられますので要注意になります。しっかりとしたルール作りをすれば、快適にすることができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京のシェアハウス!共用スペースではこんなことも

ひとり暮らしの生活形態として近年ますます人気を集めているのがシェアハウスです。東京を中心に広がったこの生活スタイルは、入居者ひとりひとりに個室というプライベートゾーンを確保したうえでトイレやシャワー、...

東京23区にあるシェアハウスの家賃

近年住宅はさまざまな新しい形のものに生まれ変わっている傾向がありますが、その中でも人気を集めているのがシェアハウスです。このタイプの特徴は、ワンルームマンションのように単独で住むのではなく、複数の人が...