東京のシェアハウス!共用スペースではこんなことも

ひとり暮らしの生活形態として近年ますます人気を集めているのがシェアハウスです。東京を中心に広がったこの生活スタイルは、入居者ひとりひとりに個室というプライベートゾーンを確保したうえでトイレやシャワー、キッチンやリビングなどの共用スペースが設けられていることが特徴です。 家賃や光熱費は入居者で頭割りするため、自分ひとりでアパートを借りるよりもコストが抑えられ、その分通勤や通学に便利な地域に住むことができるという大きなメリットがあります。その他にも入居者は年齢から社会的立場までそれぞれに異なった人々の集まりとなるので、リビングでおしゃべりをしたり一緒に食事をしながら、いろいろな人の意見を聞くことで自分自身の見聞を広めることができる機会にも恵まれやすいのが利点です。

リビングが大変身!こんなこともできる!

東京を中心にだんだんと全国に広がって行ったシェアハウスですが、最近では共用スペースの使い方にも多様性が出てきました。例えばリビングで英会話のレッスンができるという物件もあります。週に何回か、決められた時間の英会話のレッスンを受けられるのですが、支払うのは家賃のみという大変お得な企画です。その他にも楽器の演奏の練習ができるというところもあります。 今までは生活をするための場所の一部であっただけの共用スペースが、入居者がみんなで楽しむことができるように工夫され、どんどん進化しています。リビングだけでなく、夏には屋上に簡単なテーブルやイスを用意して、みんなでバーベキューを楽しむなど、季節ごとにさまざまなイベントが売りとなっている物件も現れ始めました。

ルールを守って楽しい共同生活を!

そんなシェアハウスですが、どこに入居するかを決める際には事前にしっかりと情報を集めることをおすすめします。特に楽しいことも多い共用スペースですが、みんなで使用するところなので、ルールはしっかりと守らなければなりません。 例えばシャワーの使用時間等は物件ごとに異なっているのが通常です。自分の生活タイムと合わないようならばシェアメイトに迷惑をかけることにならないとも限りません。できればいくつか候補を挙げて、実際の物件を見に行くようにしましょう。そうすれば部屋そのものだけでなく、他のシェアメイトの様子もわかりますし、駅からの道のりを実際に歩いてみることで通学や通勤時のイメージもわきやすくなるのではないでしょうか。楽しい共同生活になるように、事前準備は万端に行うようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京のシェアハウス!共用スペースではこんなことも

ひとり暮らしの生活形態として近年ますます人気を集めているのがシェアハウスです。東京を中心に広がったこの生活スタイルは、入居者ひとりひとりに個室というプライベートゾーンを確保したうえでトイレやシャワー、...

東京23区にあるシェアハウスの家賃

近年住宅はさまざまな新しい形のものに生まれ変わっている傾向がありますが、その中でも人気を集めているのがシェアハウスです。このタイプの特徴は、ワンルームマンションのように単独で住むのではなく、複数の人が...