シェアハウスより便利で東京にも近くプライバシーを守れる住まい

シェアハウスよりも設備などが充実していて一段とハイクオリティであり、個人個人のプライバシーを十分に保ちながら住人同士の楽しい交流を後押ししてくれる、そんなソーシャルアパートメントについてご存知の方はまだあまり多くないのではないでしょうか。 東京近郊の交通が便利なところで部屋を借りるとなると賃料がかなり高額となることが考えられ、しかも安いところだと暑さ寒さや壁の薄さなどさまざまな問題を我慢しなければならないような暗いイメージがつきまといます。そして、当然のことながら設備も最新のものではなく、古い印象は拭えません。 しかし、誰もが一度の人生の中で、住居費に対して同じような金額の賃料を支払うのならば、素敵な住まいで快適な時間を過ごしたいと思うのではないでしょうか。

誰でもプライバシーは尊重してもらいたいと考えているものです

学生や若くて収入がまだ少ない方、また一般の方が東京など住居費が高い場所で部屋を借りて生活する場合に、生活の利便性を追求するとシェアハウスという選択肢を選ぶことになるかもしれません。けれども、この場合には一緒に住んでいる方と個室は別であっても共用部分は家族のような密度を持って使用しなければならないという欠点があるのではないでしょうか。 しかも、シェアするのが古い一軒家だったり年数の経過しているアパートだったりすると、イメージ的にも暗い印象は強く否めないことでしょう。しかし、ソーシャルアパートメントは鉄筋コンクリート造りのマンションですから、隣同士の部屋などの音も気にならず、お互いのプライバシーを尊重するには画期的な住まいだと考えられるというわけです。

共用部分のラウンジはさまざまな趣向を凝らしている住人社交の場

個室は寝たり起きたり趣味や学習に使用するための一定に広さしかなくても、共用部分が広々としているので決して居住空間が狭いと感じることがないのがシェアハウスとの違いのひとつではないでしょうか。 そして、東京近郊で交通の便が良い場所に立地していて、住人同士の社交の場として使える数々のラウンジが充実しているのもソーシャルアパートメントの利点でしょう。賃料のほかに管理費や水道光熱費も必要なのはどの住まいでも同じですが、共用部分の高級感を考えればこれらの金額は必ずしも高いものとは考えられません。 つまりソーシャルアパートメントの良さは共用部分でまるでホテルのラウンジにいるような素敵な感覚を得られ、住人同士のコミュニケーションを適度に取れるということなのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

東京のシェアハウス!共用スペースではこんなことも

ひとり暮らしの生活形態として近年ますます人気を集めているのがシェアハウスです。東京を中心に広がったこの生活スタイルは、入居者ひとりひとりに個室というプライベートゾーンを確保したうえでトイレやシャワー、...

東京23区にあるシェアハウスの家賃

近年住宅はさまざまな新しい形のものに生まれ変わっている傾向がありますが、その中でも人気を集めているのがシェアハウスです。このタイプの特徴は、ワンルームマンションのように単独で住むのではなく、複数の人が...